ファミマ土下座 野仲史晃容疑者勤務 三和プランニングが自社サイトで謝罪 地上げ隠し

弊社従業員が逮捕されましたことで、 多くの皆様にご迷惑とご心配をおかけしましたことを、深くお詫び申し上げます。
この度のことは私人としてなしたこととはいえ、 弊社としてもそのことに対しての道義的責任を感じざるをえず、誠に遺憾に存じます。

via:大阪市の新築一戸建て・不動産・分譲住宅の三和プランニングへようこそ

ファミマ土下座事件を受けて、野仲史晃容疑者がその制服を着用し恐喝行為に
及んだ”三和プランニング”が自社サイトで謝罪文を掲載しています。

三和プランニング謝罪文:大阪市の新築一戸建て・不動産・分譲住宅の三和プランニングへようこそ

ファミマ土下座恐喝事件は、野仲史晃個人がプライベートのお遊びで
やったものであり、三和プランニングは一切関係ございません。
と言いたげな文章ですね。

本当に「三和プランニング」は、一切関係ないのでしょうか。

どうして野仲容疑者は、三和プランニングの制服着用のままで
ファミマ恐喝に及んだのでしょうか。

普通に考えたらアタマ悪すぎますよね。
しかもその動画をわざわざネットにアップロード。

三和プランニングの”仲間たち”は「本当の事」を知らされていないかもしれませんが
関連会社”三和ファイナンス”の愉快な仲間たちはいろいろ知ってるのかもしれませんね。

三和プランニングの目的は?

  • 普段からの茨木市ファミマへの暴走族のいやがらせ
  • 三和プランニングの制服着用での恐喝行為
  • 小黒母娘の「潰してしまえよこんな店」というセリフ

三和プランニングは一体なにが目的だったのでしょうか。
本当に三和プランニングは、野仲の恐喝と一切関係が無いのでしょうか。

大阪府警の本気

大阪府警はおそらくやるのだと思います。
今回はおそらく、大阪府警は本気を見せてくれるのだろうと思っています。

大阪府警はこの事件を適当に野放しにしていたら
以降、大阪府警はナメられっぱなしですね。

大阪府警察の捜査がどこまで及ぶのか。どこまで逮捕するのか
見守りたいと思います。

大阪府警察が自分のシマで、
恐喝事件の様子をネットで生中継されて、それを黙って見逃すのでしょうか。
ということです。

関係者一網打尽を普通は狙うと思うのですがいかがでしょうか。

三和プランニングの謝罪文に対してのtwitterの反応は

三和プランニングという会社はすでに日本国民から信用を失っています。
完全に手遅れです。普通の社会では立ち直れません。

普通はここまで会社が信用を失えば「倒産」のはずですが
おそらく三和プランニングは持ちこたえますよ。

三和プランニングにゼニを流す組織があるからです。

まだまだ三和プランニングにはやってもらうことがあるはずです。

その辺りを大阪府警は捜査してるはずですが、
どこまでやれるんでしょうね。

三和プランニングが倒産した場合は
次の別の会社に三和プランニングの役割をやらせるだけですね。

真面目に働いている社員さんがいるのなら
申し訳ない言い方ですが、使い捨てのような会社ですね。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す